導入事例

携帯電話の組み込み技術から、スマホでの組み込み技術まで網羅

近年ではスマートフォン、特にAndroidのドライバ開発(NDK)も行う機会が増加

いわゆるガラケーと呼ばれる(最近ではフィーチャーフォンとも呼ぶ)従来の携帯電話の組み込みで10年以上の実績を持ち、多くの組み込み系技術者を育てあげている。
過去の実績から近年ではスマートフォン、特にAndroidのドライバ開発(NDK)も行う機会が増え、スマートフォンドライバ開発をする担当する技術者も有するようになった。

対応可能なマイコン、DSP多数あり

携帯電話開発、通信機器開発ではARMマイコン(ARM11、ARM Cortex)、ルネサス系マイコン(H8、SH-x)を使用し、OS無し・OSあり(μITRONやRTLinux)での開発実績を数多く持つ。また、 TI社製のDSPは信号処理用途で頻繁に使うことが多く、DSP開発も得意としている。

TI社の開発ツール「Code Composer Studio(Ver3、Ver4/5)での開発環境が多く、μITRON(ミスポ製NORTi)での通信機器開発、制御機器開発を行っている。